別府市

行橋智彦さん

#クリエイター #ファッション #温泉

別府の温泉に魅了されたノマドファッションデザイナー

PRIDE - 大分の魅力

別府の温泉は約50年前に降った雨水がもとになっているとも言われ、大きな自然の循環を感じることができます。また、数多くの泉質があり、この温泉を使って染め分けたら面白いだろうなと思い、「温泉染」の研究を始めました。

ACT - ご自身の活動

2016年から別府に移住。「温泉染」の研究を続けています。温泉染とは、別府のさまざまな個性を持つ温泉を使って、染め物をつくることから名付けました。

天然染料を使った染色に温泉で媒染すると、温泉に含まれる成分やpH値で化学変化が起き、仕上がりの色味に変化が起きます。ひとつの染料が温泉と掛け合わさってゆくことで、たくさんの色味が生まれるのです。 ガスや電気を使わずに、温泉の温度や蒸気といった地熱のエネルギーで染め作業が完結できることも、温泉染の魅力です。

現在、その温泉染を簡単に自宅で体験できる「天然染色キット」をECサイトをメインに販売しています。天然素材の染料「柿渋」と、別府市の明礬温泉で採取した温泉成分の結晶「湯の花」を使い、Tシャツやマスク、靴下やトートバッグなどの布製品を染色することができます。 今後も、温泉染を使ったアクセサリーや服飾雑貨などもつくっていく予定です。

ここ別府から温泉染を一つの文化として全国に波及させていければと思っています。

RECOMMEND - 大分のおすすめ

やっぱり別府の温泉巡りですね。温泉につかりながら温泉染の実験をしています。 特に面白い反応があったのが塚原温泉。赤の染め物の実験をして温泉を巡っていた一日の最後、塚原温泉で実験をしたところ、経験則で予想した色とは全く違う、鮮やかなオレンジに変化しました。このような驚きや発見が日々あるので、温泉染の研究は奥深いです。

JOIN – ご自身の情報

 

温泉染研究所 ECサイト

https://tabifuku.official.ec/

 

Instagram

https://www.instagram.com/tabifuku/

 

share

share